夫のちんぽが入らない

仙台でいちばんお手軽脱毛サロン「ハイスピード脱毛 フルール」の千葉響登充(ひとみ)です。

本日もご訪問ありがとうございます。


blogタイトルを見て衝撃を受けた方、結構いらっしゃると思います。

私もそうでしたから(笑)

な、何?どう言うこと~!?

って感じですよね(笑)

これは、もちろん私自身のことではありません。

ビックリしちゃった方は、タイトルを超えてそこ行っちゃうかも?(笑)


そんなことはさておき。


書店では『例の本』扱い、巷では『おとちん』なんて呼ばれてたりするくらい、今かなり話題の一冊。





【いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。】 


こんな出だしから始まるこの実話は、タイトルに興味本位で購入した私でしたが、読み終えた後には何とも言えない不思議な気持ちに苛まれました。


恋愛ってなんだろう?

結婚ってなんだろう?

夫婦って?

家族って?

絆って?


こんな思わず笑っちゃう衝撃的なタイトルの本でありながら、いろんな意味で深~く考えさせられます。


生きるってなんだろう。。。


こんな自問自答をしてしまうほど、何とも言えない“無”の感覚と言うか何と言うか。。。


【私が同人詩や商業誌で執筆していることを夫や両親は知らない。もちろん、この本が出版されることも。昔から身近な人には大事なことを言えなかった。私が床に臥し、もう限界だというとき、家族に差し出そうと思っている。ここには伝えられなかった思いが全部詰まっている。だから、その日まで大事にしまっておきたい。

最後に、原作を愛読して下さった方、この本を手に取って下さった皆さま、そして、いつか目にするであろう私の夫に、心から感謝します。

こだま】



あとがきに綴られていた作者からの最後の直筆のメッセージを読んだとき、胸が締め詰められる思いがしました。

「セックスレス」なんてひとことでは到底片付けらないシリアスな現実。

作者こだまさんとご主人との心の繋がりと深い絆に、羨ましくも、悲しくも、可哀そうにもなりました。


読んでみたい方にはフルールにて貸し出しますので、ご希望の方はお気軽にお声がけくださいね。





【本日のマヤ暦:KIN 198 白い鏡/黄色い戦士 音3】

マヤひとことメッセージ:鏡の前の自分に「大丈夫」と言い聞かせれば上手くいきます!


今日は私にとっての「鏡の向こうKINの日」でもあります。

鏡の向こうKINの日については後日詳しくご説明させていただきますね



脱毛でお肌に綺麗を、マヤ暦で心に癒しを

全ての女性が美しく、幸せになりますように